ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
本文へ移動します


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

My FUJIFILMメールマガジン

 

ご近所散歩はカメラと一緒 ⑥

道のある景色は大好きなので見つけるとカメラを向けます。取材旅に出ていても1日に1枚は必ず道の写真を撮りたいと思っているほどです。

神社や城跡などの高台は町全体が見下ろせることがあります。真っすぐな道や曲がった道など気に入った道を見つけ出すよう観察してみます。
生活の匂いが感じられるかもしれないし、季節感が感じられるかもしれないし、その街を象徴するような山や建物が見つけられるかもしれません。面白いと感じた特徴を活かして写してみます。
川の土手にはたいがい道が作られています。並木や散歩をする人からは温かみが感じられます。景観や人の動きから物語を想像しながら写してみると表現は豊かになります。

構図としては、奥行きが出るとそれは素晴らしいのですが、道全体を写す必要などなく、印象的な部分をアップにして写すことでもいいのです。ピント位置や絞り値を自分の思いで設定すると雰囲気が出てきます。

▼景観の美しさをその土地の特徴を捉えて写します。

家屋と電柱の並びが日本的なところに魅かれてカメラを構えるとお掃除をする方が現れた


FUJIFILM X-T1 絞りf11 露出時間1/100秒 ISO400 露出補正0 焦点距離200mm


遠くの富士山まで見えて気持ちがいいので青空を入れて広々とした風景を撮る


FUJIFILM X-T1 絞りf11 露出時間1/60秒 ISO640 露出補正0 焦点距離46mm

人たちの並びを整えると人間ドラマが浮かび上がってくるようだ


FUJIFILM X-H1 絞りf8 露出時間1/950秒 ISO800 露出補正+0.3 焦点距離41mm



▼ピント位置や絞り値などのカメラ設定で写真に思いを込めます。

新緑や花の中からのぞき込むように写して背景をぼかし温かい雰囲気の街の様子を出す


FUJIFILM X-H1 絞りf5.6 露出時間1/300秒 ISO200 露出補正0 焦点距離56mm


絞りを開放にして前景はぼかして空気感を大切にした


FUJIFILM X-T4 絞りf2.4 露出時間1/1250秒 ISO400 露出補正-0.3 焦点距離60mm

道の脇に目を向けるとカーブミラーに映る景色の面白さを発見した


FUJIFILM X-T4 絞りf8 露出時間1/180秒 ISO400 露出補正-1 焦点距離63mm


強い日差しが黒い影を道路に作り季節感を感じた


FUJIFILM X-T4 絞りf11 露出時間1/240秒 ISO400 露出補正-1.7 焦点距離119mm



日常生活のどこにでも道が存在します。だから、テーマとして意識することでいろいろと撮れると思います。
ですが、撮ってやろうと意識し過ぎず、これまでにお伝えしてきた、①壁、②草花、③色・形・線、これらのテーマも風景の中から同時に見ていくことをおすすめします。
空が広くて気持ちいいとか、空気がおいしいとか、自然を体全体で感じることも大切です。
力むことなくなんでも写していってください。



著者 : 風景写真家 佐藤 尚プロフィール

1963年福井県生まれ。山岳写真家・風見武秀氏に師事した後、フリーとなり、日本各地の農村風景、自然風景、などを対象に撮影を続け、新潟県魚沼、埼玉県見沼田んぼ、を集中的に取材している。近年は人の営みが感じられる『ほっと風景』をテーマにした作品作りをしている。2017年に個展「47 ぼくのより道」をフジフイルムスクエアにて開催。



My FUJIFILMは皆さまのフォトライフ充実を応援します!
まだ会員でない方 新規会員登録はこちら 既に会員の方 ログイン
My FUJIFILMトップへ

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る