ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

風景写真家 佐藤尚の風景写真撮影トレーニング

 

トレーニングルーム

構図編

田植えシーズンの田園風景。象徴的に配置された家屋とトラクターですが、トラクターを画面中心でなく、あえてこの位置で撮影したのは、何を表現するためでしょうか?

トレーニング開始


夏の海岸で撮影した一枚。作例の写真では、船にピントを合わせていますが、その「船の配置」に工夫をしています。
「船の配置」で、特にどのような点に気をつけて撮影しているでしょう?

トレーニング開始


設定編

逆光気味に「木」を写した一枚。普通に撮るとこの木は真っ黒に写りますが、カメラの設定次第では、作例のように緑をきれいに写すことができます。さて、カメラの設定をどうすればよいでしょう。

トレーニング開始


テクニック編

作例のアジサイの写真は、「前ボケ」というテクニックを使っています。
「前ボケ」を使うと、写真をフワッとした雰囲気に仕上げることができます。
さて、撮影するときにどのようにするとよいのでしょう。

トレーニング開始



風景写真家 佐藤 尚プロフィール

1963年福井県生まれ。山岳写真家・風見武秀氏に師事した後、フリーとなり、日本各地の農村風景、自然風景、などを対象に撮影を続け、新潟県魚沼、埼玉県見沼田んぼ、を集中的に取材している。近年は人の営みが感じられる『ほっと風景』をテーマにした作品作りをしている。2017年に個展「47 ぼくのより道」をフジフイルムスクエアにて開催。



My FUJIFILMは皆さまのフォトライフ充実を応援します!
まだ会員でない方 新規会員登録はこちら 既に会員の方 ログイン
My FUJIFILMトップへ

ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る