Answer 風景写真家 佐藤尚の風景写真撮影トレーニング
Answer 風景写真家 佐藤尚の風景写真撮影トレーニング

正解は「背景との対比で時間を写すため」です。

もちろんセミの抜け殻を秋に見かけたことで、季節外れに珍しい、と興味を引いたことは間違いないですが、あえて背景に紅葉を取り入れたのは、夏の代名詞ともいえるセミ、その抜け殻が紅葉の季節まで残っていたことを一緒に画面内に写し込むことでギャップが生まれ、その過ぎ去った時間の経過を想像することができるようになります。たとえば、セミのその後を考えてみたり、自分自身の夏のことを思い出してみたりするのです。

風景写真を撮影する際に、季節の表現のために植物を取り入れることはあると思いますが、そこに別の要素をくわえることで、さらに表現豊かな作品作りができることがあります。

ちょっと周りをさがしてみると、作品に取り入れると面白い「小道具」が意外と見つかります。目の前の景色だけでなく、周辺をぐるっと見回してみましょう。
見つかったちょっとしたものを組み合わせてみると、思いがけない、おもしろみのある作品作りができるで、ぜひ、チャレンジしてみてください。