Answer 風景写真家 佐藤尚の風景写真撮影トレーニング
Answer 風景写真家 佐藤尚の風景写真撮影トレーニング

正解は「逆光で撮影する」です。

記念写真などでは嫌われがちな逆光での撮影ですが、稲やススキのような穂先を持つ植物を逆光で撮影すると、光が透過することで輝いて、穂の一つ一つが際立って見えます。特に、背景が暗いと、より質感が増します。
そのようなバックを探してアングルを決めると、より効果が増します。

稲穂やススキは光だけでなく、風の吹き方でもさまざまな表情を見せてくれます。
風で形の整ったときにシャッターを押すようにするとよいでしょう。
あなただけのベストな一枚を、ぜひ撮ってみてください。

秋を迎え紅葉がどんどんと色濃くなっていきます。
みなさんもカメラを持って自然風景を存分に楽しんでみましょう。