Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「1. 三脚などで固定して、低速のシャッタースピードで撮影する」です。

夜景撮影は、シャッターが開いている間にカメラが動いてしまう「手ブレ」、また、被写体が動いてしまう「被写体ブレ」が大敵です。
なかでもシャッターが開いている間にカメラが動いてしまう「手ブレ」は夜景撮影で一番の敵といえます。夜景の場合、全体的に周囲が暗いことが多いためシャッタースピードは低速になりがちです。一番良い方法は、三脚を使用してカメラを固定することです。なお、三脚が使えない場合や忘れた際は、椅子などにカメラを置いたり、カメラを押し付けるようにしたり、カメラを固定すると手ブレを抑えることが可能です。ただし、三脚などで固定していても、シャッターボタンを押すことで微妙にカメラが動くことがあるため、リモートレリーズを使ったり、カメラのタイマー機能や、機種によってはスマホで操作してシャッターを切るなど、工夫をしてみるのもいいかもしれません。

さらに、夜景撮影では、露出や色味のコントロール、使うレンズ、絞りの設定など、重要な要素がありますので、ぜひ撮影ガイドを参考に、素敵な夜景の撮影にチャレンジしてみてください。

>夜景の撮影にチャレンジしませんか?