Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「2. プラス側に露出を補正する」です。

紅葉の写真は、特に晴天時に明るい空を入れて撮影すると、葉の部分が露出アンダー(露出不足)になり、本来の色と違って見えてしまうことがあります。 このような場合は、少しプラス側に露出補正していただくと華やかな印象にすることが可能です。
撮影カットを決めたら、いろいろな露出条件で撮影を試してみるといいでしょう。

また、一部のカメラには、露出を自動的に変えて3枚の写真を同時に撮影してくれる「AEブラケティング」機能が搭載されています。この機能を使って、露出違いの写真を撮ってみると、新たな発見があるかもしれません。
今年の紅葉も、ご愛用のカメラと一緒にお楽しみください。

>紅葉の写真にチャレンジしてみませんか?