Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「4. 色や明るさが反転したフィルム」です。

昭和世代にとってはおなじみのネガフィルムですが、平成生まれの若者のなかには「見たことがない」という人も少なくありません。 “ネガ”とはネガティブのことで、光の色や明るさが反転して写ることから、その名がついています。ちなみに見た目どおりの色や明るさが見た目どおりに写るものを「ポジフィルム」といい、主にプロのカメラマン向けです。

かつてのフィルムカメラは写真屋さんにもっていって現像をお願いするのが一般的でした。そのとき、受け取るのがプリントした写真とネガでした。また、現在でも「写ルンです」で撮影した写真も同様に写真だけでなくネガフィルムも受け取ります。

写真の方はアルバムに貼るなどして整理しますが、ネガの方は焼き増しをする場合に使うくらい。引き出しにしまったままで、見ることも活用する機会もない、という人は多いのではないでしょうか。

最近では、懐かしい写真をデジタル化してみる、SNSでシェアする、という方も多くいらっしゃいます。

もし、押し入れや倉庫から懐かしいフィルムが出てきて、どんな写真か気になる、という方はぜひデジタル化できるサービスを利用してみてもいいかもしれませんね。

>> 手持ちのネガをデジタル化しよう