Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「1. フィルムシミュレーション」です。

多くの当社製のデジタルカメラには、写真フィルムを長年作ってきた当社ならではの、豊かな色再現性と階調表現をフィルム取り替える感覚で設定できる「フィルムシミュレーション」機能を搭載しています。

製品によって異なる場合がありますが、カラーリバーサルフィルムを再現した「PROVIA」「Velvia」「ASTIA」、渋みのある「CLASSIC CHROME」、プロ用ネガフィルムを再現した「PRO Neg.Std」「PRO Neg.Hi」、レトロな雰囲気をかもし出す「SEPIA」、モノクロフィルムを再現した「モノクロ」「モノクロ+Yeフィルター」「モノクロ+Rフィルター」「モノクロ+Gフィルター」など、多彩なモードを用意しています。

例えば、標準的な発色と階調で見た目通りの色再現を求める場合に最適な「PROVIA(プロビア)」、鮮やかな発色とメリハリのある階調で青空をより青く・夕焼けをより赤く、また、花の色を鮮やかに再現するなど、高彩度の表現に最適な「Velvia(ベルビア)」のように、同じシーン、同じ被写体でも、選んだフィルムシミュレーションの種類によって、異なる表現の写真が撮影できます。

オートでの撮影に慣れている方も、ぜひ一度フィルムシミュレーションを使って、今年の桜を撮影してみませんか?

>> フィルムシミュレーションを使った撮影例

>> 桜の撮影ヒントはこちら