Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「2. 飛行機の明かり」です。

夜空の星は非常に弱い光です。
三脚などでカメラをしっかり固定して、長時間露光(1秒以上シャッターを開いて露光させること)で撮影すると、弱い光の星々も撮影することができるようになります。
オート露出では、うまく撮れない場合がありますので、「マニュアル露出」がおすすめです。露出の目安は、ISO感度3200程度、シャッタースピード(S.S.)は15秒~30秒程度、絞りはF4.0程度(※)です。
また、星は暗く、しかも小さいため、オートフォーカスではピントを合わせにくい被写体です。マニュアルフォーカスを使用してピントを合わせて撮影します。

※レンズは、開放から1~2段絞ると解像力が高くなる特性があります。開放から少し絞っていただくと良いでしょう。

しかし、基本を押さえて撮影したはずが、星以外の意図しない線が画面に映ることがあります。その一つが飛行機です。 日本の空には、多くの飛行機が飛んでいます。飛行機はランプを点滅させながら飛んでいますので、長時間露光をすると作例写真のように点線状に写ってしまいます。空をよく見るとわかりますので、撮影前に確認して、フレームから出るのを待ちましょう。

飛行機以外でも流れ星や国際宇宙ステーション・人工衛星などの光も写ることがありますが、それらは点滅していないので、光の筋が写ることになります。
季節ごとに移り変わる星空をぜひ撮影してみてはいかがでしょうか。

> 星空の撮影に関する基礎知識はこちらでご紹介しております。