Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は、「3. 露出を調節する」です。

カメラの露出計通りに撮影したら、被写体が明るいまたは暗い写真になってしまったことがあります。
これは、被写体それぞれ持っている反射する光の量(反射率)の違いによるものです。カメラに搭載された露出計は一般的に被写体の反射率を判別することはできないため、白と黒の中間にあるグレー(*)の反射率を基準としています。

被写体や背景が反射する光の量によっては、出来上がった写真の明るさがお好み通りにならないことがありますので、明るい色(反射率の高い色)の被写体を写す際にはプラス補正、暗い色(反射率の低い色)の被写体を写す際にはマイナス補正が有効ですので、お試しください。

*18%グレーやニュートラルグレーと呼ばれる色の反射率を基準としています。

その他イメージ通りの色で撮影するコツをご紹介!
> コレクション・小物撮影のコツはこちらから