Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は、「3. 1回目の発光により瞳孔を閉じるため」です。

フラッシュを発光した際に、瞳が赤く写ってしまうことを「赤目現象」と呼びます。赤目は目の瞳孔が開いている時(暗い場所にいる時など)に、フラッシュを発光して撮影すると発生しやすい現象です。

赤目軽減発光は、撮影に使うフラッシュ発光の前に一度発光し、瞳孔を閉じてから撮影する動作を行います。
このため、フラッシュが少し間隔を開けて2回発光しますので、2回目が発光する前にカメラを動かすとブレが発生したり、被写体が意図しない場所に写ったりしますのでご注意ください。

どうしても二回目の発光の前に動いてしまう人がいますので、赤目軽減発行でのフラッシュ撮影を行う場合は、写真を撮る前に、一言「二回光るよ」と声をかけてあげることをおすすめします。

> その他、フラッシュ撮影のヒントはこちらをご覧ください。