Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「4. 場合によって、頭髪はトリミングしても良い」です。

パスポート用の写真は国際標準に従って、顔の縦の長さを写真縦(45ミリメートル)の70~80%(34±2ミリメートル)とする、6ヶ月以内の写真を使用する、など、様々な規定があります。

外務省によると、頭髪のボリュームが大きい場合、必ずしも首から上の全てが写ることが重要ではなく「髪を除く顔の大きさを確保することが重要」とされており、両目の中心から頭頂までの距離は両目の中心からアゴまでの距離と等しいとみなして頭髪部をトリミングして規定のサイズでプリントしなければいけません(イラスト参照)。

写真というと、つい笑顔を作りたくなるものですが、これも注意が必要です。
少しも表情をつくってはいけない、とまでは言わないまでも、「口を開き歯が必要以上に見えているものは不可」と明記されており、「平常の顔貌と著しく異ならないもの」を準備する必要があります。

特に乳幼児の場合(当然、赤ちゃんでも海外渡航にはパスポートが必要です!)、証明写真ボックスでじっと座らせて写真をとったり、保護者が抱えて撮ることもできません。まして「表情をつくらないで」といっても、つたわりませんよね?
そんなときは無理にがんばらずプロに任せる手もあります。お近くの写真店・写真館を訪ねてみると、プロならではの経験と工夫で、規格に合った写真を用意できると思います。

撮影をしなおして書類を再提出、なんてことになると、お金と時間の無駄遣いになってしまうので事前にしっかりと、どんな写真を持っていくべきか確認しましょう。

> 外務省 パスポート申請用写真の規格について
> 赤ちゃんのパスポート写真を撮るなら