Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「1. 長時間シャッターを開いたままにする」です。

星は北極星を中心に円を描くように動いています。カメラを三脚などにしっかりと固定して、数分から数十分、さらには数時間シャッターを開いたままにして撮影すると、星の動きが線のように写ります。

ただし、風景と一緒に撮影する場合、風景部分が明るくなりすぎることを避けるため、低感度で撮影したり、月明かりや街明かりの明るさに応じて絞りを閉じたりする必要があります。このため、等級の低い暗い星は写りにくい傾向があります。

また、デジタルカメラの場合、長時間シャッターを開いているとノイズが多く現れてしまうことがあるため、数十秒程度の写真を連続で撮影して合成する手法もあります。

詳しくは以下のリンクにて星空の撮影テクニックをご紹介しています。

今年の夏休みは、星空の撮影にチャレンジしてみませんか?

> 星空の撮影テクニックはこちらをご覧ください