Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「4 画像の色の変化部分を調整してファイルサイズを軽くする」です。

JPEGは「Joint Photographic Experts Group」の略称で、画像の圧縮方式の名称、またはこの方式を作った組織の名称です。多くの場合保存された画像のファイル名は、「○○.JPG」のように「.JPG」と3文字の拡張子がつきます。

デジタルカメラで撮影した画像を、何の加工もしない(RAWファイル)のまま保存するよりも、JPEG形式で保存した方が、ファイルサイズが小さくできるため、同じ容量のメモリーカードでも撮影枚数の上限を増やすことができます。

ただし、JPEG形式は、クイズの回答の通り、色調の変化部分を圧縮率に合わせて調整することでファイルサイズを抑えます。図は極端な例ですが、圧縮率をあげた場合、特に輪郭のはっきりした被写体の色の境目がぼけたり、ノイズが入ったりと、「画質が劣化」した状態となります。JPEG保存の際に一度劣化した画質は戻すことができません。

メモリーカードの容量との相談にはなりますが、JPEGで撮影される場合圧縮率を低く(デジタルカメラの設定では「FINE」)設定することをおすすめします。

FUJIFILMのカメラはJPEGがいい、という評価をいただくこともあります。JPEG保存される画像は、圧縮率だけでなく、保存のためのノウハウが詰まっています。色にこだわる当社デジタルカメラの開発者インタビューも、ぜひご覧ください。

> 開発者インタビューはこちら