Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「2 フォトレタッチ」です。

画像の形状やサイズ変更・切り抜き、色味・明るさ調整、不要物の消去、画像の合成など、さまざまな加工/修正を行うことをフォトレタッチと言います。

レンズとセンサーとのあいだに入り込んだホコリなどが画面に移りこんだ場合の除去はフォトレタッチの一例で、人物や花の背景を強くぼかしたり、風景写真に写りこんでしまった電柱や電線を消去したり、さらには、ゆがんで写ってしまった画像の修正、複数の写真を重ね合わせる合成写真など、幅広いフォトレタッチが可能です。

ただし、後加工を前提に撮影するのはおすすめできません。機材の取り扱い・撮影の基礎をしっかり学んだ上で、フォトレタッチのテクニックも覚えておくと、作品作りの幅が広がります。

フォトレタッチを行うには専用のソフトウエアが必要です。無償配布されているものや、有償の場合でも安価なものから高価なものまで色々ありますが、使い方がわからなくなったときに参考にできる書籍やインターネットの情報が充実しているソフトを選んでおくとよいでしょう。

> フォトレタッチでできることとは?