Answer 知ってトクするQ&A
Answer 知ってトクするQ&A

正解は「4.被写体を追うようにカメラをスイングする」です。

「流し撮り」といわれる手法で、走っている車や電車、子どもを躍動感溢れる写真として撮影することができます。

流し撮りを行う際は、シャッタースピードが重要です。動く被写体を画面いっぱいに捕らえての撮影は、1/60秒~1/125秒程度が目安となりますが、被写体の速度や距離で異なる場合があります。

大切なお子さん・お孫さんの一度限りのシーンを逃さないためにも、撮影ポイントを決めたら、何度か練習しておくとよいでしょう。

また、カメラだけで被写体を追いかけると、上下のブレが発生しやすくなります。流し撮りをする際は、カメラを両手でしっかりと構えて、腰を中心にからだごと回すような感覚で被写体を追うと、成功しやすくなります。

ファインダーが付いているカメラの場合は、ファインダーを使うほうが液晶モニターを使うよりも、被写体を追いやすくなりますので、ぜひお試しください。

くれぐれも振り回しすぎて周りの人の迷惑にならないようにご注意くださいね。

> 動く被写体の撮影のヒント
> 撮ってもイイ人:学校行事での撮影マナー