ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
本文へ移動します


サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

関一也さんが語る「GFX100」の魅力

プロ写真家としてポートレートを中心に撮影しながら、ダイナミックな風景からスポーツまで幅広い活動をされているFPS会員の関一也さん。

FUJIFILM GFX50SからGFX100とラージフォーマットカメラをメイン機材としてご愛用いただいています。

プロ写真家として感じたGFX100の魅力についてご感想を伺いました。

― 早速ですが、普段のプロ写真家としての活動について教えてください。

美容師でもあるのですが、長野県で美容院を経営しています。

商売でのつながりもあり併設しているスタジオでポートレートをメインに撮影しています。

ただ最近は専ら撮影業務が多くて出張ばかり、ほぼお店には立てずにスタッフに任せきりになってしまっています。

最近のプロ写真家としての仕事内容としては、企業や団体からのウェブ用動画広告依頼が増えています。

これからはプロ写真家も動画やらないと厳しいと感じています。

― ラージフォーマットカメラには以前から興味をお持ちだったのでしょうか。

以前から興味を持っていました。

天体をメインで撮っていたので、フォーマットが大きいと高感度に強いという期待がありました。

あとは自然なボケ味。ポートレートでフルサイズだとピント面の奥はエッジが立ってカミソリのようなボケ味に感じるが、
ラージフォーマットにするとこれが実になめらかなボケ味になり改善される。

こんな点は色々調べてわかっていたのでラージフォーマットに憧れを持っていました。

F値開放でも自然にボケがなじんでいく。GFX50Sを使ってみて確信しました。

― GFXをメイン機で使用している理由を教えてください。

他メーカーのラージフォーマット機種とテスト比較しましたが、AFスピードに満足がいったものがGFXだけでした。

GFX50Sが発売されたのをきっかけにすぐに使い始めました。

画素数、解像感、発色に妥協がなく今現在で使用できる最高画質と考えています。

その時代の最高画質のカメラで撮影するということは、ある程度の年月が経過しても写真が色あせて感じないということにも繋がります。

記録を残すためにはプロ写真家として大事にしたい自分のコンセプトだからです。

― GFX100を購入した動機を教えてください。

まず1億画素という高画素による階調表現に期待しました。

あと何よりも嬉しかったのは、ボディ内手振れ補正が搭載されたことです。これがGFX100を購入した最大の動機です。

色んな角度から撮りたいのでスタジオもほぼ手持ち撮影です。使用する光源も定常光が増えているのでスローシャッターにも対応しないといけない。

ボディに手振れ補正搭載すると画質に影響が出るなんて以前は言われてたけど今はそんなことないですから、もうこれは必須。

僕が使うカメラ基準の第一ですね。X-Pro3にも入っていたら買っちゃいましたけど(笑)。

また、GFX50Sと比べるとグリップ部分の幅が細くなってボディがスリムになり、バックに入れやすい。

縦位置グリップ一体型もポートレートで非常に重宝していますし、グリップに追加バッテリーが2つ入り、
充電器を使用せず充電できるのは車での移動中にとても便利です。

― それでは関さんの撮影したGFX100の画像を見ながらお話を聞かせてください。

GF45mm 1/500秒 f/2.8 ISO400    
撮影:Kazuya Seki

― こちらはモデル撮影ですね。

手持ち撮影です。フルサイズでは標準レンズですが、ラージフォーマットにおいては広角レンズとなる45mmは人物の被写界深度もしっかりとれて、なおかつ背景がしっかりボケるというラージセンサーならではの立体感を味わうことができます。

この点はポートレートカメラマンにとって非常に憧れであり、納得のいくクオリティーに繋がります。

肌の透明感もやわらかく表現できていて、このGF45mmは気に入っているレンズのひとつです。

他社製レンズ+マウントアダプター 25秒 f/1 ISO2500    
撮影:Kazuya Seki

― 星空ポートレートですね。

写真家としての活動は星空撮影から始めました。ポートレートとの組み合わせて宣伝したところ、ブライダルでの予約が多く4~6月頃に依頼が多いです。肌の調子と星空のバランスを取るのが難しいのですが、ラージフォーマットセンサーの超高感度に強い特長を活かしてノイズレスで星空ポートレートが撮れました。

GF32-64mm 1/20秒 f/11 ISO100    
撮影:Kazuya Seki

― 次からは風景ですね。ポートレートの印象がありましたが。

星空、風景、ウェディングの順で撮影してきました。モデル撮影は昨年から始めたばかりです。

アーチェリーの日本代表だった頃、車椅子の方とお付き合いがありました。

歩くことが難しい方とも話が弾むような誰にでも行ける景勝地を探して今後も撮り続けたいと考えています。

こちらは鏡池の朝焼けです。タイミングが良いともっと焼けてきれいなのですが、白飛びしやすい雲の階調とうっすらとした靄の向こう側に見える紅葉の階調もしっかり色が出ています。

フルサイズと比較してセンサーのフォーマットが大きいのでダイナミックレンジも広く、黒潰れしやすい山の陰影もしっかり表現することができました。拡大しても木々の一本一本が綺麗に解像していて申し分のない描写です。

GF23mm 1/125秒 f/16 ISO200 三脚使用    
撮影:Kazuya Seki

宮古島でのワンショット。拡大しても写真の四隅まで細かく描写されています。

さざ波で揺れている海面の様々な青がとてもきれいに表現できました。毎年撮影に行く場所なのですが、小さいですが左上の方に沈没船があり、以前は船底がもっと見えたのですが今回は沈みかかっています。こういうのもGFXの解像力で記録写真として残せますね。

― GF23mmの使用感はいかがでしょうか。

本当に欲しいのはもっと広角レンズの12mmから。広角ポートレートで一番気持ちいいのは14mmです。F2.8であればベスト。

レンズ大きくなっても僕は買いますよ。表現のためにラージフォーマットを使っているので、レンズが大きいから買わないというのはないです。

GF23mm 1/800秒 f/14 ISO200    
撮影:Kazuya Seki

こちらも宮古島の夕景です。今見ると何か映画のスクリーンみたいで女優さんが登場してきそうな感じですね。

50Sの時から65:24フォーマットに嵌っています。ホテルのロビーに横長の作品が展示されていたりしますよね。

壁一面に横長の風景写真を展示したりしても見せ方としておもしろいかと。65:24だけで作品集にしてもいいですね。

― GFX50SからGFX100になり使いやすくなった点はどんなところですか。

使って見て感じたのは、画素数が上がっているにもかかわらず、高感度にも強くて画質も落ちていない。

他社で最近ミラーレスの高画素モデルが発売されましたが、テストしてみると高感度を少し犠牲にしているのかなと感じました。

高感度に強いということはそれだけ撮影する幅が広がるのだから、とGFX100を友人にも勧めています。

そして像面位相差AFと新プロセッサーによるAFの高速化。スタジオや夜間の暗いシーンでもAF精度が上がっています。

防塵・防滴・耐低温構造の作りもさらに強くなっていて、屋外ロケでも安心して使用できます。

RAWのデータ量が大きいのが少しネックですが、その分レタッチの耐久性がとても高く、現代のプロ写真家用機材として非常に注目するべき点だと思っています。

― 最後にGFX100に期待することはありますか。

GFX100は高ビットレートでもっと色合いや立体感が出せると思うので、是非これからは動画でも使いたいと考えています。専用のジンバルが欲しいですね。

GFレンズでは皆独特のボケ味を求めていると思うので、GF110mmF2だけでなくGF85mmF1.4レンズもラインナップしてほしい。F2とF1.4はボケ味は違う。

あとレンズシャッターモデルを今後追加して欲しいです。全速でストロボ同調できるGFXがあれば、もっと表現が広がります。

スマホでも1億画素で撮影できるモデルも出ているのだから、デジタルスチルカメラを使うプロ写真家として活動していくためにはスマホにはできないストロボ撮影を強化しないといけないと思います。

― 本日はありがとうございました。

Profile

関 一也(せき かずや)

JPS(公益社団法人 日本写真家協会)正会員。
星景ポートレートの先駆者であり、合成なしにこだわりを持つ。
写真、動画、レタッチのワークショップやセミナーには定評がある。
現在、All genres Photographerとして活動中。
アーチェリーのコンパウンド部門で全日本選手権5回優勝、4連覇、日本代表の経験を持つ。
2010年 中野市栄誉市民受賞。


本掲載に関するお問い合わせ

ffis-professionalservice@fujifilm.com

FPS事務局担当:中村まで

おすすめコンテンツ

製品ラインアップ
サポート情報
Xフォトグラファー
Xシリーズ
Xストーリー


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る