ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

撮ってもイイ人 ~イイ大人の写真マナー~

 
  • Facebook
  • Twitter
  • Mixiつぶやき
  • Google+

撮ってもイイ人 ~イイ大人の写真マナー~

その5 鉄道撮影のマナー

走行中の列車にフラッシュ撮影はやめましょう

いくらいい写真が撮りたいからって、走行中の列車へのフラッシュ撮影は絶対にやめましょう。
フラッシュの光で運転士さんの視界が遮られてしまったら、大事故につながりかねません。もしかしたら業務妨害罪で捕まってしまうなんてことも。
安全の為、フラッシュ撮影は絶対にしないようにしましょう。

走行中の列車にフラッシュ撮影はやめましょう

撮影やその場所へ向かうのに線路や踏み切りなど鉄道敷地内に入るのはやめましょう

いいアングルから撮影したいからといって、線路内や他人の家屋に無断で立ち入ってはいけません。そのような行為は犯罪行為になりますよ。
電車の運行にも迷惑がかかりますし、何よりもあなた自身が危険です!
戦場カメラマンではないのですから、写真に命を懸けすぎないように。

撮影やその場所へ向かうのに線路や踏み切りなど鉄道敷地内に入るのはやめましょう

鉄道撮影では乗り降りされる利用客を最優先に。
ホームで三脚や脚立を使うなど人の妨げになる撮影はやめましょう!

たくさんの人が乗り降りするホームでは、三脚や脚立を使用した撮影は控えましょう。
そもそもホームは鉄道を利用しているお客さんのためのものです。
撮影よりも利用客を優先するのは当然です。駅員さんに注意されるかもしれませんよ。
ホームに勝手にあなたの縄張りを作らないように。

鉄道撮影では乗り降りされる利用客を最優先に。
ホームで三脚や脚立を使うなど人の妨げになる撮影はやめましょう!

My FUJIFILMは皆さまのフォトライフ充実を応援します!
まだ会員でない方 新規会員登録はこちら 既に会員の方 ログイン
My FUJIFILMトップへ
ページトップへ戻る
ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る